太田胃散

What's New

サイト更新情報

  • 2008年11月05日
    「太田胃散A<錠剤>」が新パッケージになりました
    「太田胃散A<錠剤>」がパッケージをリニューアル。
    45錠(分包)、120錠、300錠の3つのアイテムになり、
    お使いの頻度に合わせて選びやすくなりました。

    「太田胃散A<錠剤>」の詳しい情報はこちら
  • 2008年09月03日
    「太田胃散<内服液>S」を発売いたしました
    8種の有効成分配合で飲みすぎ・二日酔のむかつき・食べすぎに効きめを発揮、
    胃腸内服液の味が苦手な方や初めて服用する方でも飲みきれるよう、スッキリ飲みやすい味(ミント風味)としました。
    「太田胃散<内服液>S」の詳しい情報はこちら
  • 2008年09月03日
    「太田胃散<内服液>」を発売いたしました
    二日酔のむかつき・飲みすぎに効果のある胃腸内服液が出ました。
    太田胃散は胃腸内服液の開発にあたり、現状を徹底的に調査し、こんな胃腸内服液が欲しいを製品化しました。

    「太田胃散<内服液>」の詳しい情報はこちら
  • 2007年03月06日
    「太田胃散整腸薬」を発売いたしました
    当社では、整腸生菌、整腸生薬、健胃生薬・消化酵素配合によって腸(大腸・小腸)の状態を改善し、便通のリズムを正常に近づける整腸薬「太田胃散整腸薬」を発売いたしました。

    「太田胃散整腸薬」の詳しい情報はこちら
  • 2006年02月02日
    安中散に茯苓を配合した漢方胃腸薬「太田漢方胃腸薬II」を発売いたしました
    当社では、ストレスなどの原因により自律神経が乱れることによって起こる、 神経性胃炎や慢性胃炎を改善する胃腸薬「太田漢方胃腸薬II」をリニューアルして新発売いたしました。
    「飲みすぎ」「食べすぎ」のための胃腸薬ではありません。
    のみやすい散剤と小粒の錠剤があります。

    「太田漢方胃腸薬Ⅱ」の詳しい情報はこちら
  • 2004年09月01日
    「太田胃散<分包>」が3つのアイテムに。より選びやすくなりました
    9月1日より「太田胃散<分包>」がパッケージをリニューアルし、16包、32包、48包とお使いの頻度に合わせて選びやすくなりました。

    「太田胃散<分包>」の詳しい情報はこちら
  • 2004年08月23日
    8月20日付け朝日新聞での「生薬の残留農薬」に関する記事について
    8月20日付朝日新聞朝刊に、生薬の残留農薬に関する記事が掲載されました。
    記事の内容は、厚生労働省の研究班が、生薬11品種121サンプルの残留農薬について検査を実施したところ、約半数のサンプルに残留農薬が検出されたというものです。

    弊社では、「太田胃散」ならびに「太田漢方胃腸薬」の両製品の残留農薬についての分析試験を実施し、問題のないことを確認しています。

    本件に関しましては、今後とも弊社で定期的な検査を実施して安全性を確認していく所存ですので、より一層のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
  • 2002年10月01日
    「胃腸の日」 毎年12月11日は「イにイイ」で胃腸の日になりました
    日本大衆薬工業協会では、セルフメディケーションの一環として12月11日を胃腸の日として日本記念日協会に登録しました。
    12月は一年の締めくくり。忙しかった一年を振り返るとき、あなたの大切な胃腸にも、かなりの負担をかけてきたことをお忘れなく。

    胃腸へのいたわりの気持ちを持つ日、それが12月11日。「イにイイ」日です。